curating curiosities

eiko honda

Interview article: Mark Dion

image

I had a privilege to contribute an interview article with Mark Dion to the current issue of Nakedbutsafe magazine - in relation to an art book project we are working on. Thanks to Dion and the editor Sozita Goudouna.

The magazine’s available worldwide in all good art book stores.

Tadasu Takamine x Jonathan Watkin at Delphina Foundation

昨日は悪化した持病と貧血が原因でほとんど動けず、締め切り前にも関わらず急患で医者に行った後そのまま寝込んだ状態でいた。それでも夜はどうしても高嶺格さんとジョナサン・ワトキンさんの対談イベントに行きたくて、 ぐしゃぐしゃの髪を帽子で隠し、部屋着のままコートを羽織ってこっそりと家を抜け出した 。 

まずは作家さんの簡単な紹介とキュレーターとの関係が説明された後、今夜のテーマでもあったビデオ作品「木村さん」(1998)の上映が行われた。森永のミルク事件で障害者となってしまった木村さんという男性の介護を、高嶺さんが90年代初頭に5年間受け持った際に撮った作品。障害者介護の中ではあまり重視されていないけれども、必要性は存在している、セクシュアリティーのケアを題材にしている。映像が映像なだけあって公的な機関でみせる事は難しく、「障害者・アート・セクシュアリティーという3つのコンビネーションが(特に日本では)タブー」なのであると作家さんは言う。実際に同作品は日本ではパブリックミュージアムで展示された事が無く、ワトキンさんが2001年にヘイワード・ギャラリーでキュレートした「Facts of Life 」展でもギャラリー側がノーと言ったそう(その10年後、ワトキン氏本人がディレクションするバーミンガムのアイコン・ギャラリーにて行われた高嶺さんの個展「TOO FAR TO SEE – とおくてよくみえない」で展示される事になる。しかしながら同個展が横浜美術館で開催された際は警察から展示禁止令が出て展覧会から抜く事になったとの事)。

上映後はディスカッションが会場にも投げかけられ、20—30名ほどのオーディエンスとパネリストとの間で活気のある議論が繰り広げられた。障害者のセクシャルケアについて、公的美術館でのセンサーシップについて、広島原発から始まり水俣、福島原発と、核問題や環境・体内汚染による人間の体への被害そして情報制御の問題等。

先日ブログにも書いた、死を目前としている女性達のとプロジェクトを通して再思した事にも通じる、人間の生々しさを直視する作品そしてそれを展示する際に作品を取り巻く社会と政治の問題、その中でのアートと言う文化生産の役割など改めて考えさせられるきっかけとなった。

English version of this text will follow shortly…
Audio recording of the talk will be uploaded to Delphina Foundation’s website in the coming weeks: http://delfinafoundation.com/channel/

トークの音声はデルフィーナ・ファンデーションのウェブサイトに後日アップロードされるとのことです。
http://delfinafoundation.com/channel/

He…’perceived the earth to be a conductor of acoustical resonance.’
- Jack White refers to Nikola Tesla in the film Coffee and Cigarettes (1993)

Whilst stopping over at Sheffield for a much-awaited weekend brunch with locally based friends, they took me to experience Chris Watson’s immersive ‘sound map’ of this former industrial city at the Millennium Gallery, Museum Sheffield.

The co-founder of the Brit synth pop band Cabaret Voltaire is known as one of the UK’s pre-eminent sound recordists who developed his childhood fascination of recording birdsong into a state of art. For this site-specific exhibition, he travelled through the city’s football studium, waterway and the edge of Peak and Yorkshire Moore land over the past 18 months; the result is a mesmerising soundscape of the recordist’s homeland that reveals layers of the earth’s acoustical resonance we too often neglect to really listen. 

The exhibition Inside the Circle of Fire: A Sheffield Sound Map is on until 23rd February, 2014.
http://www.museums-sheffield.org.uk/museums/millennium-gallery/exhibitions/current/inside-the-circle-of-fire-a-sheffield-sound-map


As part of his sonic survey, Chris asked the public to contribute their own digital recordings of their favourite Sheffield sound. The archive is accessible on:
https://soundcloud.com/groups/chris-watsons-sonic-map-of-the-city-museums-sheffield

in conversation with: alimo

image

I’ll be in conversation with an Estonia-based Japanese artist ALIMO on online TV programme SALONAIR. The show is usually hosted by the artist himself, but we decided that I’ll be interviewing him this time, so that we’ll get to know his practice, life and experience we normally don’t get to hear on the programme.


*The programme will only be aired in Japanese

エストニア在住の美術作家ALIMOさんがホストする、インターネット上の番組サロネアに参加します。普段はALIMOさんが司会となってゲストをインタビューするところ、今回は私がALIMOさんの生活環境や作品制作などについて伺いながら対談する予定です。

11pm- 26th January 2014 (Japanese time)

日本時間2014年1月26日夜11時から

http://www.stopmotion.jp/salonair.html

photo (on the right) © Perrine Wettstein

rie nakajima - new experimentalists

image

Enchanting sound-architecture-sculpture work by Rie Nakajima last night at New Experimentalists, Queen Elizabeth Hall, Southbank.

Her work seemed to play upon the probability of an acoustic event that no-one thought to occur, evoking soundscape through unlikely, and perhaps accidental, combination of objects, instrument, hand-made sound machine and their location within the architecture that Rie assigned them to operate - until each of the persisting sound accumulates and merges with one another, as if they were always meant to be.

The artist is nominated to the Arts Foundation’s 2014 Experimental Music Award: http://www.artsfoundation.co.uk/Artist-Year/2014/all/455/Nakajima

ここ最近、 アート作品自体の企画•制作を作家さんと共にコラボレーターのような形で行う事が多いのですが、今立ち上げているのが、死を目前とした女性達とのプロジェクト。

キュレーターという立ち位置は論理視点で物事をとらえて文章化したりすることにも責任がある訳ですが、やはり作品の骨と肉になるもの、そしてその成熟過程にどっぷり浸かる事は避けがたく。いったいアートというものがどこまで人のプライベートな部分まで介入していくべきなのか、していっても良いものなのか、作品を作る側に近づけば近づくほど偽りも効かず、好奇心や興味本位だけではどうにもならない真意を問うところまでたどり着く。

作家さん、協力して下さる参加者の方々、彼女達の気持ちと残りの人生のこと、そしてできる作品と鑑賞者のことなど — 毎日のようにそればかり考えて資料作りしていたら心がどうにもならない様な気持ちになってしまった。

*写真は今のプロジェクトとは直接関係ありませんが、死について読んでいたときに出会った写真の作品。photo: ’My Son with His Great-Grandfather, 3/13/2011, 2:52 PM Japan Standard Time’ Stephan Apicella-Hitchcock

Deller and the Britain

image

Adrian Street and his father, 1973 (photo: Dennis Hutchinson) ©Dennis Hutchinson 2012

A fantastic show - art-anthropological account on the Britain’s Industrial Revolution, curated by Jeremy Deller at Manchester Art Gallery.

All That Is Solid Melts Into Air
http://www.manchestergalleries.org/whats-on/exhibitions/index.php?itemID=108
Open until 19th January.
Then tours to the following venues in other industrial cities in the Britain:

NOTTINGHAM CASTLE MUSEUM & ART GALLERY 
31 January – 22 April 2014 
MEAD GALLERY, WARWICK ARTS CENTRE, COVENRTY 
2 May – 21 June 2014 
LAING ART GALLERY, NEWCASTLE 
12 July- 26 October 2014

——

Deller’s British Pavilion from the 55th Venice Biennale will also soon begin its tour around the UK, starting at the home of British political activist-artist William Morris.

English Magic
18 January to 30 March 2014
http://www.wmgallery.org.uk/whats-on/exhibitions-43/jeremy-deller-english-magic

Happy New Year!

明けましておめでとうございます。
Wishing everyone a year full of yummy delights. まだまだ未熟者ですが、今年もまたどうぞ宜しくお願い致します。皆様にとって美味しい知と食と楽しみの詰まった一年となりますように!

*hibernating with a robin, good food, books and writing works until mid-January
一月半ばまで読みもの•書きものに集中する為、北イングランドの山岳地帯にこもっています。少々料理と景色に気をとられがちですが、、!